グルメ・クッキング

赤ピーマン普及大作戦!?

先日、匝瑳市の特産品の「赤ピーマン」を使った料理コンテストが開催されました

実は地元匝瑳市は県内最大のの赤ピーマンの生産量を誇る、隠れた特産品なのです
何と年間に6万トンも生産しているとのこと

そこで「そうさブランド研究委員会」が募集をかけて「赤ピーマンを使って、家庭でも簡単に作れて子供でも美味しく食べられるメニュー」をテーマに料理コンテストを行い、その最終審査試食会が市内のショッピングセンターで開催されました。

Dvc00076

イメージキャラクターの”あっぴぃちゃん”と千葉県のマスコットキャラに昇格した”ちーばくん”にも気合が入ります

県内外から79点もの応募があり、そのうち11点が最終審査に進み、11人の審査員が試食をして得点を付ける方式での審査。

料理にはハンバーグやシチューやピザ、ババロアやケーキなど多種多様のものが出品されました。

厳正なる審査の結果、最優秀賞には「赤ピーマンババロア」が選ばれました

試食した奥様とトコトコの感想では、ピーマンの苦みが無く美味しく食べられたようです

マイナーながらも特産品をPRしていくのは大切ですよね

”あっぴぃちゃん””ソーサマン”などのゆるキャラやご当地ヒーローも出てきたし、もっともっと匝瑳市をPRして観光客をや移住してくる方を呼び寄せましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校給食

先日、PTAの関連で「匝瑳市学校給食センター運営委員会」に参加してきました

市内各小中学校の校長先生やPTAの代表が集まり、給食センターの運営について事業報告や計画を議論する会合です。

こんな会合があること自体初めて知ったのですが、2年おきに各学校の校長とPTAとが交代で参加しているらしく、うちの学校は今年からPTAの番 だったようです

主だった議題はやはり“給食費徴収”について

残念なことに地元匝瑳市でも給食費の未納がわずかながらあるらしく、各学校とも徴収にそうとう苦労しているようでした。

来月から始まる“こども手当”で補填されれば良いのでしょうが、給食費以外に使われるケースが多いんでしょうね

支給する前に天引きするわけにはいかないんですかね

そんなこんなの会議の後で給食を試食してきました

100528_114201

これはその日のの中学校の給食。

チャーハン、春雨のスープ、揚げ餃子、海藻サラダといったメニューおにぎり

地産地消に特に気を配り、チャーハンの赤ピーマンやサラダの野菜などに地元産のものを使用しています。

同市内の「野栄学校給食センター」が数年前に「全国学校給食甲子園」で優勝したこともあり、触発されてかなり力を入れているようです。

子供達に美味しくて体にいい食事が届くことは大変ありがたい事です

給食センターの皆さん、これからも頑張って下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)