« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

地盤補強工事(その1)

前回記載した「地盤調査」のあとの工事のお話。

調査後に届く報告書を基に、場合により地盤補強工事を行います。

今回はその中のひとつ「地中鋼管杭打設工事(パイル工事)」をご紹介します。

この工事は地盤補強工事のもっともポピュラーな工事で、直径約10cmの鋼管杭を地中の強度が十分に取れる支持層まで打ち込みます。

P1










P2










支持層の深さによりますが、2m位から10m以上まで、幅広く対応できます。

工法も昔の大きな機械でガーン、ガーンと打ち込むわけではなく、杭を回転させて圧入させる工法が一般的です。

この工法だと近隣に影響が少なく、工事も短時間でできます。

P3










本数は大体基礎の坪数の1.5~2倍、20坪で30~40本くらいの目安です。

P4










打ち込み後の杭の頭を加工し、ベタ基礎の鉄筋に絡ませます。

ベタ基礎のベース面を鋼管杭で均等に支えるので、地震にも耐えられ安心して暮らせる住まいが建てられます。

もちろん金額は多少かかってしまいますが、今秋から実行される「住宅瑕疵保証責任制度」の関係もあり、地盤補強は今後の必須工事となります。

ちょっとだけ弱い地盤でもここまでの工事をするのは少し大げさにも感じますが、長く安心して暮らしていただく為にはやはり必要な工事なんですね。

次回は他の地盤補強工事をご紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

空にそびえる・・・

先日、都内某所の建設現場へ行きました。

所属している団体で、夏休みに小学生を集めて都内数箇所を見学に行く企画があり、そのための視察として担当メンバー達で訪れました。

行った先は「東京スカイツリー」の建設現場sign01

2


















現在のところ約50mまで出来上がってきているようです。

6










いろいろと説明を受けたところ、いたるところに日本の"ものづくり"の最先端技術が織り込まれていました。

最終の完成予定が610mと、現在の東京タワーの約2倍近くの高さを誇り、申し分なく世界一のシンボルタワーになります。

1


















建設中の姿は2011年の秋までのほんの数年間しか見ることが出来ないので、ぜひ一度ごらん頂きたいと思います。

映画「三丁目の夕日」で東京タワーを建設中のシーンが印象的でしたが、まさに今、それを体感できます。

1週間に10mづつ工事が進むようなので、数ヶ月ごとに見に行くのも変化が楽しめて良いかも知れませんねhappy01

平日ならインフォメーションプラザが営業しているので、より詳しく知ることができますよ。

この夏のオススメスポットですsign03

5

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

木材市場へ!

先日、木材市場の記念市に行ってきました。

一言で材木屋と言っても、山から木を切って出す業者、丸太を製材して角材にする業者、出来上がった角材を仕入れて販売する業者など業務内容は様々です。

当社は出来上がった角材を仕入れて販売する業者に入りますので、木材市場からいろいろな種類の材木を仕入れています。

今回は成田市の木材市場でちょっとした記念市があったので足を運びました。

090612_14200001










通常、こういった市ではセリを行い、より高く値をつけた方が買っていきます。

競り子さんはずらりと並んだ木材を一本一本、値段をつけながら競って行きます。

売り手と買い手の大声を上げての競り合いは一見の価値がありますよ。

今回の目玉商品は地木「山武杉」の丸太や角材。

090612_13250002










090612_14060001_2










広い敷地にずらりと並んだ丸太を目利きしながら、希望の丸太を購入します。

090612_13260001










中にはこんない大きな物まであります。

090612_13270001












建築の様式は以前と比べかなり変わってきていますが、健康志向が注目される今だからこそ、より安全な「本物の木の住まい」をお勧めしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

地盤調査

先日、新しい現場の地盤調査を行いましたhappy01

2_2 


















最近は保証などの関係もあり、地盤調査は必ず行っています。

普段行っているのは「スウェーデンサウンディング方式」という、直径2㎝の鉄棒を約100㎏の加重をかけて地中に埋め込んでいく調査方法sign01

02


















これで約10m位までの深さの地質を調べることが出来ます。

耐震性能が騒がれ始めて数年。

建物の耐震性能はかなり上がってきていますが、やはり重要なのは基礎sign01

特に基礎を支える地盤には、見えないだけに細心の注意が必要です。

この地盤調査を行い、結果を見て必要な地質改良工事(地中杭打設工事や柱状改良工事など)を施工することで、より安心して暮らせる住まいが出来上がります。

安心して永く暮らしていただく為には事前の確認が必要なんですねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

毎朝バナナ

090416_17330001






















一月ほど前から毎朝食べる1本のバナナ!

少し前にダイエット番組で取り上げられ、一時期は店頭で品切れ状態だったりもしたようですが、ブームが終わるか定着してふつうに並んでいるようになりました。

その頃はあまりやろうとは思わなかったんですが、とある日食卓に有るバナナを食べてからなんとなく続いています。

忙しくなってくると飲食が多くなり、少しづつ体重が増えていく性分で・・・。

まだあまり成果は出ていませんが、夏までにもう少し体を絞りたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

現場シート

少し前から芳太屋では、工事中の現場の仮設足場に社名の入ったシートを張っています。

Photo_4

「かなわない夢はない」のフレーズと緑のリボンをあしらったこの現場シートshine

目撃した方々からありがたいコメントを頂いています。

マイホームを建てることは身近な「夢」。

内容はもちろん人それぞれですが、人生の一大イベントには変わりありませんsign01

せっかくの「夢」の実現にいろいろな希望をのせていただき、より幸せな家庭を築いていただきたくて、このフレーズを掲げさせていただきました。

家づくりは真剣に向き合うとさまざまな問題が次々と出てきますが、一つづつクリアしていけば、必ず夢は叶う物だと信じています。

皆さんの「夢」のお手伝いが出来ることを誇りにこれからも頑張っていきますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フラット50!

昨日の新聞で住宅金融支援機構が4日より「フラット50」を

始めるとの記事がありましたsign01

今、何かと話題の「長期優良住宅」俗に言う「200年住宅」に

対応した上限50年の住宅ローンですsign03

何でも返済期間を36年~50年以下で、

全期間固定金利とのことsweat01

100年や50年と言う数字だけ先行して、

実益がどこまで伴うかが気になるところ。

芳太屋もお客様のご要望があれば即座に対応できるように、

現在200年住宅について勉強中です。

でも「50年ローン」・・・

微妙だsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

順調に・・・!

知っている方もいると思いますが、

密かに農家っぽいこともやっています。

なにぶん田舎なモノで、ご先祖が残した田畑がわずかながらにありまして、

荒らしておくのも心もとないので、

親戚に協力を仰ぎつつ水稲を作っています。

Ca3910140001



僕が担当しているのは田んぼ3反歩。

さすがにこの耕作面積では機械を用意できないので、

田植えや稲刈りなどは親戚にお願いし、

日頃の水の管理や草刈りなどを行っているのです。

今年も4月末に田植えをし、週に何度か仕事の前に水量を確認しています。

今のところ何とか順調に育っているようですねhappy01

稲刈りは8月末!

今年の米の出来はどうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »